インクジェット方式でオリジナル品を製作する場合についてご紹介いたします。ご検討の際にご参照ください。また何かご不明な点がおありでしたらお気軽に当社までお問い合わせください。

インクジェット出力について

インクジェット出力イメージ

生地にインクジェット方式で印刷する技術が普及してきました。仕組みは家庭用のインクジェットプリンタと同じようにインクをメディアに吹き付ける方式ですが、業務用の機器ですので屋外で雨や風にさらされても問題のないように耐久性、耐候性が考慮されています。

インクジェット出力の種類

旗などに使われるものは、昇華転写タイプとダイレクト印刷タイプの2通りがあります。

昇華転写

昇華転写はプリンタで紙に印刷した後に、布に対して熱転写する方式です。紙にプリントされたインクが気化して繊維に同じ柄を印刷します。染料の鮮やかな発色と、耐摩擦、耐水性がありますので、のぼり、バナー、懸垂幕、たすきなどに使われます。

昇華転写方式

ダイレクト印刷

ダイレクト印刷は、紙を使わずに直接生地に印刷した後に、布自体を加熱することで発色させる方式です。大量プリントの際にコスト的に有利です。

ダイレクト印刷方式

優れている点と注意点

優れているところ

  • 型代が不要なので、ごく少量でも安く製作できる。
  • 多色刷りや写真などをつかっても金額が変わらない。
  • サイズが大きいものでも製作できる。
  • 写真は従来よりも高解像度に印刷可能。

注意点

  • 出力できる生地に制約がある。
  • 厚手の生地は片面印刷になり、裏面は白っぽい仕上がりになる。
  • 金、銀、蛍光色などの特殊印刷できない。

適している条件

インクジェット出力を利用する際には次の条件の場合に適しています。具体的に製作をご検討の際にはお気軽にお問い合わせください。

  • 製作する枚数が少ない場合。
  • 多色刷りの原稿や写真やグラデーションなどがある場合。
  • サイズが大きい印刷物の場合。
フルカラー印刷