はちまき名入れオリジナル手拭いの検討ポイントについてご紹介しております。生地やサイズ、配色などについて項目ごとにご説明しております。何かご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

オーダー手ぬぐい 4つのポイント

オリジナル製作の場合には、デザインやサイズ、生地などをどのようなもので製作するか具体的な検討が必要となってきます。制作にあたっての4つのポイントを取りまとめておりますのでご参照ください。。

サイズについて

手拭いのサイズ幅が約33~35cm程度の生地の巾をそのまま使います。
長さは、90cm~100cm程度で裁断します。

生地について

手拭いの生地は木綿の素材を使います。

生地の画像 生地の種類
手ぬぐい生地 木綿100%の生地を使います。
糸の太さと織り方によって、総理(文)・岡・特岡などの種類があります。
総理(そうり)は粗めのざっくりした織り方、特岡が一番キメが細かく手触りがさらっとしています。

生地のハギレをお送りすることもできます。お問い合わせフォーム もしくはFAXにて送付先とご希望の生地をご連絡ください。

関連ページ:生地についての基本講座

制作数量について

手ぬぐいは型を作って染める方法が主流ですので、小ロットの場合にはコスト高になりやすいです。数量をたくさん作ったほうが単価が安くなりますので、予備も考慮して多めに作成されることをおすすめします。

数量を増やすと安くなります。

原稿・デザイン

オリジナルで制作する場合には、デザイン内容や色使いによっても金額が変わってきます。

原稿について

オリジナル手ぬぐいは、白い生地から作ります。加工する色数が多かったり、柄が複雑になるほど金額が高くなります。白は生地色として色数にカウントしませんので、白をうまく使うことで色数を減らす工夫もできます。

シンプルな原稿
シンプルで色数が少ない方が安くできます。

色が隣接する部分は滲みの原因になりますので、白く縁取りをするなどの対策が有効です。また、細かい文字や柄などはつぶれてしまう場合もありますので、ご留意ください。

白フチ

生地の端まで色を染めることも出来ますが、加工手間がかかるのでコストアップになります。周囲に白く枠をとったり、生地の白地を活かしたデザインなどの場合には、加工としては容易になります。

書体について

よく使われる一般的なフォントをいくつかピックアップいたしましたので、書体例をご参考にフォントをご検討下さい。あまり小さい文字や細い書体は印刷が難しい場合もありますので、太くて大きめな書体をおすすめいたします。
また、ロゴ文字やロゴマークなども印刷できます。この場合にはIllustratorなどでのロゴデータの入稿が必要となります。データ形式などで何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

書体 書体例
角ゴシック 角ゴシック
丸ゴシック 丸ゴシック
明朝体 明朝体
楷書体 楷書体
行書体 行書体
ポップ体 ポップ体
江戸文字 江戸文字

色について

DICカラーガイド
すべて特注で手ぬぐいを作る場合には、基本的に生地は白いものから制作します。下地の色を染めることもできます。色をご指定いただき、それに合わせて調合しますので、どのような色で加工するか具体的に色の指定をしていただく必要があります。専門的なものでは、DICのカラーガイドやPantoneなどのカラーチップの番号でご指示いただくことができますが、特に厳密な指定がない場合にはパソコンの画像の色を参照して制作することも可能です。



関連ページ:デザインについての基本講座

関連ページ:色についての基本講座

オリジナル手ぬぐい制作の価格

オリジナルで手ぬぐいを作成する場合の価格については、価格表を掲載したページがございますので、そちらをご参照ください。色数や本数によって単価が変わってきます。価格表に載っていない数量でも制作できますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
なお金額は概算価格ですので、原稿内容等の詳細をご連絡いただけましたらお見積いたします。

価格表 手ぬぐい制作の価格表のページへ

制作までの流れ

作成する手拭いの原稿内容や予定本数が固まってきましたら、FAXやメール・お問い合わせフォームなどからお問合せいただければ、すぐにお見積いたします。お見積り金額や納期目安をご確認いただき、問題がないようであれば、具体的なデザインの確認に入ります。メールやFAXなどで画像イメージをやり取りしながら確認作業を進め、最終的に加工の内容が確定しましたら、手拭いの本作成に取り掛かります。制作数量や内容にもよりますが、早ければ1週間程度で仕上がります。仕上がりましたら発送手配となります。

加工までの流れ

お問い合わせ、ご注文

お見積依頼やお問い合わせ、ご注文などはFAX用シートをご用意しておりますのでご記入の上FAXをお送りください。また、データ入稿用のテンプレートもありますので、ご活用くださいますようお願いいたします。
お電話やメールなどでお問い合わせいただいても結構です。

見積用FAXシート

オリジナル品お申込みシート